<   2005年 02月 ( 43 )   > この月の画像一覧

【コトバ】今、このとき、切り替える勇気

直接的なきっかけというものが思い当たらないが、
音楽を聴きながらぼーっとしていたとき、
ふとこんなコトバが頭に浮かんだ。

切り替えられないでいる自分に苛立ちを覚えつつ、
同時に何もしないことで現実から逃げていたほうが楽じゃないかと思っていた自分。

変化を起こすにはパワーがいる。
切り替えることには勇気がいる。
でも、自分の人生、これじゃだめだって思ってるんだったら、
難しいこと考えずに動かないといけないのかも。

More
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-12 16:12 | コトバ

どこものわな

今日とあるグループのためにMLを作成したときのこと。
登録が完璧に出来たと思っていたのに、
友人から携帯のアドレスが登録されてみたいで届いていないと連絡が。

おかしいなと思ってまず配信確認。エラーはでていない。
アドレス確認。
「うーん、別にハイフンとアンダーバーとか、ピリオドとコンマも間違えてないしなー。」
そう思っていたら・・・

***@docomo.ne.jpが***@domoco.ne.jpになっていた・・・
ドコモじゃなくてどもこってなんですか(苦笑)
ドコモのドコモダケの次の新キャラクターにドモ子ちゃんをつくってください(違

しかし、それで配信ミスが出ていなかったというのは不思議なものである。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-11 23:02 | 日常生活

英語と日本語の印象の違い

いきなりで申し訳ないが、合コンということばは皆さんがご存知のことだろう。
それに対して、合コンを英語で言うとどうかということをご存知だろうか?

アメリカ人の友人に聞いたところ、答えはmixerらしい。
そこまで日本語で言うところの合コンというほどのものではなく、
懇親会とか親睦を深めるということの意味がどうやら強いようだ。

合コンというと彼氏彼女探しというイメージが強い気がするが、
外国ではもっと広い意味なのかもしれない。

しかし、言語が変わると印象も変われば意味も変わるような感じだ。
文化の違いなどに起因するのかもしれないが、
コトバというものはつくづく面白いものである。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-10 21:40 | 日常生活

白銀世界、幻想世界

雪山というものは非常に不思議な世界である。
ゲレンデでは女の子がかわいく見えるとか、
男も3割増でかっこよく見えるとか言われたり、
浮世のことを忘れさせてくれたりと。

何がそうさせるのかわからないが、
最近精神状態は悪くはなかったものの
ココロのどこかで引っかかっていたことを忘れて楽しむことが出来た。

もっともその幻想世界から帰ってくれば脳裏から消えていた分、
逆に現実が重くのしかかったりという要素もあるわけだが。

どちらがいい、ということでもないが、
やはり雪山はすばらしい。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-10 20:57 | 日常生活

ブログの携帯からの投稿

携帯からブログが投稿できるとは…

リアルタイムでの生の声を届けられるからいいな。
たまに利用していこう。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-06 02:13

やるせない思い

Excite エキサイト : 社会ニュース

愛知の通り魔幼児殺人事件。
話を聞いて愕然とした。

まずは被害にあわれた翔馬ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

何よりも残酷だと思うのは「頭」に包丁をさしたというところだ。
(冷静に分析しようとすれば、
その亡くなった翔馬ちゃんは買い物カートに乗っていたということで、
一番さしやすい(表現が悪くて申し訳ない)ところではあるが。)

更に表現は悪いかもしれないが、
こんな事件はレベルの低いギャグマンガに出てきそうなシチュエーション。
それくらい「ありえない」状況。

ここでこんなやつ死刑にしろというぐらいの怒りがあるとか、
悲しい気持ちで呆然とするとか、
そういう気持ちはもちろんボクにもないではないが、
ここではちょっと違う視点で見てみたい。
それは犯人が刑務所から出たばかりだったという点である。

More
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-06 00:34 | ニュース

新幹線をも止める男

Excite エキサイト : 社会ニュース

ひとことで言わせてもらうと、非常識。
JR側だけが非常識というのではない。
この受験生も非常識だと言いたい。

確かに新幹線がとまらないために受験できないなどというのは、
非常にショックが大きいかもしれないし、その他いろいろないではないだろう。

が、自分の責任は自分の責任。
大学受験「ごとき」で命をとられるわけでもないはずである。
ちゃんと下見だったり、
準備をしっかりしておけばそういうことにはならなかったはず。
受験とは勉強だけが受験ではない。
「遠足は家に帰るまでが遠足です」ではないが、
「受験地につくまでも受験です」だと思う。
寝坊して受験できないとか言うのと同じで、自己管理のできてなさだと思う。
(もっともボク自身が自己管理できているかという根本問題もあるが)

More
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-04 01:17 | ニュース

足元から

c0023690_23324367.jpg

2005年2月3日。天気晴れ。
風があって少し肌寒かったがいい天気。

ここ数年毎年この日には同じところに行っている。そして今年も。

その帰り道(?)、歩いて東京タワーの下を通る。
東京タワーをこんなに間近で見たのははじめてかもしれない。

これはその下から撮った写真。
ここまで生き生きしていると思える建築物を見たのはいつ以来だろう?

遠くから見たり、もしくは夜ライトアップされたいつものタワーとは違う、たくましさ、力強さを感じた。
もちろんこういう写真でこういう構図を見たことが決してなかったわけではないが、
実際に見るのとはやはり違う。
そしてちっぽけな自分を実感。

話は変わるがこういう冬の薄めの色の青の空は好き。
ちょうど翳っちゃった上に写真うまいわけでもないのでこの程度でしか撮れてないけど(^^ゞ
(画像クリックで大きな写真が見れます。ここでの表示は1/4ぐらいなので(^^ゞ)
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 23:46 | 日常生活

本当の改造計画

どうやら思ったよりも広く周りにも浸透してきたみたいですし、
そろそろちゃんとしなければいけない部分はお話しないといけないと思ってみてます。
と、多くの方は何を言いたいのかお分かりなのかもしれませんが、
けじめをつけないと。

詳細はこちらに、と思っていたのですが、
一般の方には関係のない話ですので、
ボク自身を直接ご存知の方で、
「まじめに」うけとめていただける方に見ていただけるよう、
期間限定でリンクで飛ばすことにしました(終了)。

本文(新しいwindowで開きます)

まじめなご意見などいただけると幸いです。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 01:07 | 日常生活

サイエンスとエンジニアリング

この二者の違いの意識。
これはひとつのボクの検討すべき課題だと思った。

ボクは「理工学」という名のつくところに所属している。

つまり、サイエンスとエンジニアリングの両方が名前に入っているということ。

ということは、両方を目指さないといけないのかもしれないということ。
もっともボクの所属はどちらかといえばエンジニアリングによっているが、
ボクが求めようとしていたのはサイエンスのほうだったのかもしれない。
決してその二者が相容れないものというわけではないが、
サイエンスの一部分にこだわってしまい、
エンジニアリングの本質を見失っていたような気がした。

エンジニアリング。
その要素を身につけ意識的に使えるようになれば非常に大きいと思った。
これも目標に追加。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 01:00 | 日常生活