2005年 02月 03日 ( 3 )

足元から

c0023690_23324367.jpg

2005年2月3日。天気晴れ。
風があって少し肌寒かったがいい天気。

ここ数年毎年この日には同じところに行っている。そして今年も。

その帰り道(?)、歩いて東京タワーの下を通る。
東京タワーをこんなに間近で見たのははじめてかもしれない。

これはその下から撮った写真。
ここまで生き生きしていると思える建築物を見たのはいつ以来だろう?

遠くから見たり、もしくは夜ライトアップされたいつものタワーとは違う、たくましさ、力強さを感じた。
もちろんこういう写真でこういう構図を見たことが決してなかったわけではないが、
実際に見るのとはやはり違う。
そしてちっぽけな自分を実感。

話は変わるがこういう冬の薄めの色の青の空は好き。
ちょうど翳っちゃった上に写真うまいわけでもないのでこの程度でしか撮れてないけど(^^ゞ
(画像クリックで大きな写真が見れます。ここでの表示は1/4ぐらいなので(^^ゞ)
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 23:46 | 日常生活

本当の改造計画

どうやら思ったよりも広く周りにも浸透してきたみたいですし、
そろそろちゃんとしなければいけない部分はお話しないといけないと思ってみてます。
と、多くの方は何を言いたいのかお分かりなのかもしれませんが、
けじめをつけないと。

詳細はこちらに、と思っていたのですが、
一般の方には関係のない話ですので、
ボク自身を直接ご存知の方で、
「まじめに」うけとめていただける方に見ていただけるよう、
期間限定でリンクで飛ばすことにしました(終了)。

本文(新しいwindowで開きます)

まじめなご意見などいただけると幸いです。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 01:07 | 日常生活

サイエンスとエンジニアリング

この二者の違いの意識。
これはひとつのボクの検討すべき課題だと思った。

ボクは「理工学」という名のつくところに所属している。

つまり、サイエンスとエンジニアリングの両方が名前に入っているということ。

ということは、両方を目指さないといけないのかもしれないということ。
もっともボクの所属はどちらかといえばエンジニアリングによっているが、
ボクが求めようとしていたのはサイエンスのほうだったのかもしれない。
決してその二者が相容れないものというわけではないが、
サイエンスの一部分にこだわってしまい、
エンジニアリングの本質を見失っていたような気がした。

エンジニアリング。
その要素を身につけ意識的に使えるようになれば非常に大きいと思った。
これも目標に追加。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 01:00 | 日常生活