【コトバ】今しか見えないものを、しっかりと見ておきなさい

「今しか見えないものを、しっかりと見ておきなさい」
暴行事件で自粛していた島田紳介にあてた、
恩師からの手紙にたった一行書かれた言葉ということで、某番組の中で言っていた。

しんどいときだからこそ、
うまくいかないときだからこそ、
今しか見えないものを見ておくんだ。

見て「おく」、というのだから、
今見てどうする、というよりも、
今見て、すぐでなくても今後に生かせ、という意味が強いんだろうと思う。

別の視点から見るならば、
今しか見えないものを見ておくことができるとするならば、
逆境だって怖くなくなるはず。
周りがどう言おうとも、
どんなに現実から逃げたくなるような状況でも、
惑わされずに本質を見ていけるのかもしれない。

心に刻んでおきたい一言だ。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-13 23:47 | コトバ
<< 教育と世間の目 TOKIO[TOK10] >>