TOKIO[TOK10]

昔の曲のカバーやトリビュートなどがはやっている昨今の中で、
個人的に非常に面白いと思ったアルバム。

すべて先輩・後輩に当たるジャニーズの曲だけで構成されたアルバム。
海援隊の「贈る言葉」をflowがカバーしたり、というような路線と違って、
ひとつの「ジャニーズ」という背骨があるからか、
面白いという度合いが全然違う。

もちろん、元曲のほうがよかったと思う曲もある。
例えば少年隊の「君だけに」などは個人的にはオリジナルのほうが好きだ。
でも、このカバーのほうがいいと思えるのもたくさんある。
光GENJIのパラダイス銀河などが特に顕著だ。

ということで、今回はKeisuke流ライナーノーツ的に書いていくことにする。



元曲のときは単に(悪い意味での)アイドルグループの曲という感じがしたが、
こういう形で聞いてみると曲の本当の意味というものを改めて実感する。
決して大幅なアレンジ変更(テンポが変わったとか楽器の種類が変わったとか)というものはないと思うが、全然違う印象。
当時の光GENJIがダメだったというわけではないが、
10年の歴史を持つグループ(しかもロックバンド)だからこその味があるからかもしれない。

らいおんハート(SMAP)も、TOKIOらしい魅せ方かもしれない。
SMAP版では確かキムタクが明らかな形でメインになっていたような気がする(サビ部分)が、
メンバーの声が比較的フラットになっており、
かつアカペラという形でさらに深みを増している気がする。
ちょっとバックコーラスが強すぎる気もするが。

そして、このアルバムで一番取り上げたいのは、
セルフカバー曲「LOVE YOU ONLY」である。
10年前のTOKIOのデビュー曲がミディアムナンバーに生まれ変わっている。
大事に歌ってあるという印象。
歌詞から考えるとオリジナルのアップテンポな感じのほうがあっている気がするのに、
むしろ自然に聞こえるというのがすごい。
もともとアコースティックなミディアムテンポナンバーが好きなボクだからこそ、
受け入れやすかったのかもしれないが、
もともと好きだったこの曲が、今まで以上に深く好きになった。

いまや音楽活動よりもタレント活動のほうが目立っている感もあるが、
やっぱりロックバンドだったんだと思える、そんなこだわりというものを感じた一枚だった。

当分MP3プレーヤーの中にこの中からの数曲は残りそうな予感。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-13 22:29 | 音楽
<< 【コトバ】今しか見えないものを... 高岡初優勝から学ぶ >>