サイエンスとエンジニアリング

この二者の違いの意識。
これはひとつのボクの検討すべき課題だと思った。

ボクは「理工学」という名のつくところに所属している。

つまり、サイエンスとエンジニアリングの両方が名前に入っているということ。

ということは、両方を目指さないといけないのかもしれないということ。
もっともボクの所属はどちらかといえばエンジニアリングによっているが、
ボクが求めようとしていたのはサイエンスのほうだったのかもしれない。
決してその二者が相容れないものというわけではないが、
サイエンスの一部分にこだわってしまい、
エンジニアリングの本質を見失っていたような気がした。

エンジニアリング。
その要素を身につけ意識的に使えるようになれば非常に大きいと思った。
これも目標に追加。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-02-03 01:00 | 日常生活
<< 本当の改造計画 夢とデジャヴと現実 >>