evolutionとrevolution

今日友人と話していた時のキーワード。

まずはRがないほうの辞書的意味からw
evolution=発展、進化など

そこで進化についてエキサイトさんの辞書で調べてみた。
〔evolution〕生物は不変のものではなく、長大な年月の間に次第に変化して現生の複雑で多様な生物が生じた、という考えに基づく歴史的変化の過程。種類の多様化と、環境への適応による形態・機能・行動などの変化がみられる。この変化は、必ずしも進歩とは限らない。また、生物だけを対象とするにとどまらず、社会進歩観を背景に社会進化論が生まれ、さらに全宇宙・全物質を歴史的変化の中でとらえる概念にまで拡大される。(後略)




次にRあり。
revolution=大変革,激変,革命など

これもエキサイトの辞書さんを参照。
〔「易経(革卦)」による。「革」はあらためる、「命」は天命の意〕 (後略)


どちらにしても変化するという意味合いがある。
が、注目したいのはどちらも「必然」の要素が含まれていそうなことである。
歴史的な変化という概念は、必然的に起こったものだと考えられるし、
天命によって起こるというものも必然だからであろう。

別に語源の話をしたいわけではない。
ボクがいいたいところは、
本当の変化というものは意識的にどうというものではなく、
必然性を持って起こるものではないかということ。

必然に裏付けられた変化ほど強いものはない。
そう思った今日この頃である。

なお、難しい言葉を使ってはいるが、
いたってシンプルな会話から思いついていろいろ調べただけなので気にしないでくださいw
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-01-27 00:29 | 日常生活
<< シーサーの雄雌 バレーボールユニフォーム規定 >>