センター試験の流出疑惑

国語や英語で一部が2chで示唆されるという事件があったようだ。
刑事告発も視野に入れられているとのことだが、
ちょっとこれはいただけないと思う。

先に別に教科書の問題を出してもそこまでの問題ではないと書いたが、
流出というのはちょっといただけない。

なぜ流出で騒ぎになるかというと、
どこから流れたかわからないからではないだろうか?
ではそもそも流れうるところを限定しておけば
責任追及はしっかりできるのではないだろうか?
つまり、たとえば国語のこの問題に関わったのはどの団体で、
そのチェックに当たったのが誰で、
印刷に関わったのが誰で、配送に関わったのは誰、と、
そのような分業を行っておけばいいということである。



そうすれば今回のような「国語は遠藤周作です」などといった、
その行程上の人に当たっていけば特定できるし、
そういう踏み絵を課すことで事件の防止につながるのではないかと考えるわけである。

もちろん、現実的にはそれぞれ別の人となると、
人件費が莫大にかかるのかもしれないが、
ここまで問題になってしまうとこれくらいの対応は必要になってくるのではないかと思った。

なお、話は変わるが前回の続きで、
国語のの問題で正解が導きにくいということで、
質問書が大学入試センターに送られたらしい。
内容に関してはボクもちらっと見た程度なのでわからないが、
ここでセンター側がミスと認めてしまったりするともうおしまいだと思う。
センター試験の信用が地に落ちた、ということだろう。

どういう回答がでてくるのか見ものだ。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-01-19 11:13 | ニュース
<< 最後の授業その2 センター試験の国語出題ミス >>