かっこ悪い姿

今日おつかいで横浜にいったときに、
とあるファーストフード店の前に人だかりが出来ていた。

音楽を聴きながら歩いていたボクは最初何事か全然わからなかったが、
野次馬さんの視線の先には、
お店のカウンターの手前の下(?)で座り込み、
警察官3人ぐらいの人に囲まれた男がいた。
さすがにこれは見ただけではわからなかったのでイヤホンをとってきいてみると、
とりあえず事情はわからないがわめいていて警察官さんに反抗していた。

酒がはいっていたのだろうとか、
なにか嫌なことがあったんだろうとは思うが、
その状況はあまりにもかっこ悪い。
そんな絡んで、大の大人がいわゆる「やつあたり」状態だということがひとつ、
そして何よりも野次馬さんたちに対してもかっこ悪いと思うわけである。

実際そこは決して広くはない通り。
野次馬さんのために通れないわけです。
ベビーカーを押している人とかもいるのに、
周りが見えてないんでしょうかねぇ?

別にボクが冷静だったからとかそういうのではなく、
自分が通れなかったからそう思っただけのことがきっかけだけのお話でしたとさw

自分では全く気にしていなくても、
周りから見るとかっこ悪いということが結構あるかも知れない。
人の目ばかり気にして生きるというのもなんだが、
自分だけしか見えないのもどうかと思った今日この頃である。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-01-08 23:04 | 日常生活
<< アツイコトバの力 【読書】村山由佳「天使の卵」 >>