ラジオの思い出

PCに向かっているときはインターネットラジオ?で音楽をずっとかけっぱなしの最近。
インターネットラジオといってもひたすら曲が流れるばっかりでDJ、パーソナリティの声が全く入らないものだが。

最新ヒット曲にうとかったが、こいつのおかげでいろいろ聞く機会に恵まれている。

話はいきなり飛ぶようだが、
ラジオの思い出といえば、やはり大学受験、浪人時代だろう。
当時奈良県の最北端(京都府まで徒歩30秒)にすんでいたのだが、
地形的な問題か、AMラジオが入らなかった。
オールナイトニッポンとかが周りではやっている(?)中、
ボクはα-station(京都FM)ばかり聞いていた。唯一きれいに入るラジオだったから。

ヒット曲を聴きながらラジオの人の話の妙に引き込まれてしまい、
結局「ながら勉強」(すでに効率悪し)どころか、
ラジオで夜更かし、となっていたわけである。



受験の行きかえりも、音楽を聴きながら歩いたりしてるわけではないが、
頭の中を音楽がぐるぐると流れていた。
とても印象に残っているのがJAMの散歩道。
久々にYukiの声を聞いてふと思い出した、というわけで昔の思い出に浸ってみた。

今はあのときとは違う聞き方。
音楽にだけ集中するのではなく、むしろききながす感じ。
それでも結構心には響いたりするのだなぁと思ったりしている。

音楽の力の偉大さを改めて感じるわけである。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-04-23 16:14 | 日常生活
<< 宇多田ヒカルの"I ... 結果的にどうなったの? >>