日中関係と尖閣問題、そして・・・

Excite エキサイト : 国際ニュース

最近、中国での反日感情にニュースにあがっているということで、これに関して。
いまいち状況が理解できないというのがボクの正直なところ。
なぜ中国がこんなにあつくなっているのかが理解できない。

というのも、火がついたきっかけは歴史的な戦争の問題だろう。
確かに領海に関わる尖閣諸島問題は大きな話だが、
その問題となった戦争のことに関わって、
教科書問題、さかのぼると慰安婦問題などというのもあっただろう。
そんな中国トップの言い分も決して100%わからないとは言わないが
(教科書とかは少し理不尽に思える)、
でも、なにより、そのトップで話し合うべきことに関してではなく、
今起こっているデモやら暴動がやや子供のけんかみたいな、
変なところでの争いのような雰囲気を感じてならない。



前のサッカーの日中戦でもすごいブーイングの嵐だったりしたが、
正直サッカー選手が悪いわけではない。ジーコが悪いわけでもない。
江戸の敵を長崎でとる、ではないが、
なんかずれてるような気がしてならない。

犠牲になった日本人もいるし、
もちろん反日デモを歓迎するわけでもないが、
それだけの暴発しそうな(そして一部している)
中国の一般(?)人の怒りのはけ口を考えなければならないと思うわけだ。
天安門事件のどうという記事がこの元ニュースにものっていたが、
今の中国の人々のフラストレーションが日本に向いているうちはまだいいかもしれないが、
その矛先が中国政府に向いたとき、
中国は本当にやばいことになるのではないか。

日本としては、今中国の感情を逆撫でするような行為は
いわゆる火に油な行為に等しいので避けるべきだと思う。
某日本企業の中国進出でももめたみたいだが、
そういった民間のものも含めて、規制するなりちょっと考えたほうがいい。
日本のためにもならなければ、中国のためにもならない。
そんな気がしてならない。

どちらにせよ、トップ同士も争うステージがずれていそうな上に、
場外乱闘のデモその他まで始まっているというそんな様相。
この場合、子供のけんかに親が出るではなく、その逆かもしれないが、
中国の皆さんもちょっと落ち着いてほしいものだと思う。

こんなことをいうと身勝手だとおこられるかもしれないが、
罪を憎んで人を憎まず、のような精神で、
中国の皆さんにはとりあえず落ち着いてほしい。
その後でないと冷静なお話もできないだろうから。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-04-18 00:03 | ニュース
<< 裁判官制度 コレはきになる >>