ペーパードライバーの運転

危険極まりない。
というのも自分自身の話であるが(爆)

とある理由で、車が必要となった。
しかし、そのとき手があいている人の中で、
車を持っている人も普段運転している人もいなかった。
立場的にボクがレンタカーを運転しなければいけなくなった。

ここが人生で一番の恐怖を感じるドライブとなるわけである。
というか、ドライブに限らず一番の恐怖感だったかもしれない・・・

ということで事の顛末を・・・



とある駅の近くのレンタカー屋さんでレンタル。一番小さな車を借りる。

目的地まで直線距離にしておよそ3kmぐらい?
にも関わらず車を出してから目的地に着くまでおよそ2時間w

何が起こったかというと、
まずボクの運転の勘を取り戻すのに30分強、
そしてもっとも大きかったのはナビのトラブルによる道間違いである。
ナビで目的地を指定していたはずが、
気づいた時にはなぜかとんでもないところに目的地設定されてしまっており、
とんでもないところに進んでいたという。。。

まず渋滞に巻き込まれていたので距離感がつかめなかったため、最初気づかず、
気づいたときにはかなり手遅れ。
戻るにもなぜか一方通行ばかりの道でぐるぐるぐる回って、
挙句の果てにまた渋滞、と。

普通の走行はもちろん大丈夫なのだが、
車線変更の危険なこと危険なこと・・・
多分間違っていたら3回ぐらいはやっちゃってたのではないかという・・・
途中からは勘が戻ってきたので個人的には、
緊張感と共に楽しさを覚えていたが、
同情していた二人は生きた心地がしなかったに違いない。
お付き合いいただき本当にありがとうございましたm(__)m
買い物なども含め、利用時間は4時間、走行距離はたったの22km(爆)
いろんな意味で思い出に残るドライブでしたとさ(謎)

実はこの運転する理由、というのも単なる買出しだったわけだが、
今考えると近場でえっちらおっちら手で運んだほうが早く、
しかも安く済んだのではないかと思ったりした。
これを書いていて気づくとは遅すぎるが(苦笑)

なおその日はその後心身ともに疲れ果て動けなくなっていた自分。
車を普段運転している方々のすごさを実感した今日この頃である。
[PR]
by Keisuke_Ishino | 2005-03-27 23:12 | 日常生活
<< 楽天的楽天でいけるのか? 結婚式 >>